このエントリーをはてなブックマークに追加

 収益認識に関する会計基準は、

2021年4月1日以後に開始
する事業年度から適用され、

上場会社、会社
法上の大会社等が対象となっていますが

その子会社、関係
会社等にも収益認識に関する会計基準の会計処理が求められます

単独中小企業については引き続き
企業会計原則に則った会計処理も可能

①顧客との契約の識別(契約成立の有無)
②契約履行義務の識別(契約の有無)
取引価格の算定(変動するものか?)
④履行義務への取引価格の配分
⑤履行義務の充足時の収益の認識時期

 なお会計上、「割賦販売における割賦
基準に基づく収益認識は認められない」と
されました

カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です