適用を受けられる取得者は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

また、生計を一にする親族の貸付事業は、 その生計を一にする親族が継続して 貸付するということが条件になっている為 その生計を一にする親族のみが 適用を受けられると思われます。    ]]]]> ]]>